談話室での自由闊達な意見交換により育まれる関係性

13社24名様にご参加頂き「7月開催オンライン版中堅社員交流研修」を実施致しました。海外赴任先からご参加頂いた方や、ご出席の1/3が女性の参加者(当コースでは過去最多となる人数です)となるなど、オンライン開催ならではの特徴のある開催となりました。また今期から2日開催の両日の研修終了時に任意でご参加頂ける「談話室」を設定し、1時間程度ですがインフォーマルな情報交換・意見交換の場をご用意致しました。研修中の意見交換もさることながら、趣味や家族などプライベートな自己開示から、自社の商品・サービスについての話題、コロナ禍での働き方、競合他社同士の情報交換など、お互いの興味・関心のあるテーマについて自由闊達な意見交換をして頂きました。オンライン開催によって、日中のプログラムでは削ぎ落されてしまう「遊び」の部分を補完する目的で設定をした談話室ですが、対面での懇親会さながらに、対話によって相互理解が深まっていきました。互いの人となりが分かり、関係性が育まれると、日中の研修における討議でもより忌憚の無い意見交換ができる素地・土壌が醸成されていった印象です。改めてオンライン上でもこのようなインフォーマルな情報交換の場の有用性を体感する開催となりました。